Youtubeでリスニング

英語ネイティブの子供の間違いが参考になる

この記事は約1分で読めます。

英語ネイティブの子供の間違いが参考になる

母: You have to go to the doctor.
子: Can he doc me?

母: 病院にいかなきゃね。
子: お医者さんが治してくれるの?
子供が転んでケガをしたみたいなシチュエーションです。
子供は、まだ文字が書けないくらいの年齢。
「doc」する人が「doctor」みたいな発想です。
「doc=治す」という単語は実際には存在しません。
しかし、母には子供が言おうとしていることは通じるでしょう。
このような「自分の中にある知識を応用する能力」は言語習得の過程で必要になってきます。
応用した結果、使い方が間違っているということも多々あるでしょうが、
英語ネイティブも、こういう間違いを繰り返しながら言語を習得していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました