Youtubeでリスニング

語彙力を増やそう、知らない単語は脳のエネルギーを消費する

この記事は約3分で読めます。

知らない単語は脳のエネルギーを消費する

知らない単語

「qawsedrftgyhujikolp」

上記の単語を知っていますか?

アルファベット19文字です。

初見の単語だと、読み上げるだけでも
「クァ?」「セ?」「ドゥ?」「ル?」「フ?」「トゥ?」「グ?」「イ?」「フ?」「ジ?」「コ?」「ル?」「プ?」
のように前から順に少しずつ解読していく作業が必要になります。

そして、初見の単語なので読んだところで意味は分かりません。

こっちの単語なら知ってる?

「くぁwせdrftgyふじこlp」

こっちの単語なら知っていますか?
15文字です。

パソコンのキーボードで、左上から2段目と3段目を右側に向かって2本指でダーッと押していったときに表れる文字です。
通称フジコ。
インターネットスラングの1種です。

「声にならない声」を表現するときに使います。
たとえば、タンスの角に足の小指をぶつけた時のうめき声なんかですね。

理解できると消化が早くなる

「qawsedrftgyhujikolp」=「くぁwせdrftgyふじこlp」

上記は英語ではなく日本語のネットスラングの話ですが、意味不明な文字列は消化するのに脳がものすごくエネルギーを消費します。

逆に、理解できると少ないエネルギーで情報を処理できます。

「くぁwせdrftgyふじこlp」の場合、「くぁ~~~ふじこ~~~」の部分だけ目に入れば、中間の「wせdrftgy」のあたりは脳では処理せずにスルーしている人が多いと思います。

ぱっとみで「ああ、あれね」となった時点で、「15個の文字」ではなく「1つの単語」に変換して脳が処理をスキップしています。

英語の語彙力を増やそう

英文:「The pen is mightier than the sword.」

和訳:「ペンは剣よりも強し」

有名なフレーズですね。

  1. アルファベットすら知らない人にとっては、
    「The pen is mightier than the sword.」というフレーズは、
    50個程度の直線と曲線の塊です。
    同じ文章を書き映しなさいと言われたら、正確に書き映すだけでも結構な時間がかかると思います。
  2. アルファベットを知っている人にとっては、
    「The pen is mightier than the sword.」というフレーズは、
    28文字のアルファベットの集合です。
  3. 「the」「pen」などそれぞれの単語を知っている人にとっては、
    「The pen is mightier than the sword.」というフレーズは、
    7つの「単語」の集合です。
  4. 「ペンは剣よりも強し」を知っている人にとっては、
    「The pen is mightier than the sword.」というフレーズは、
    1つの塊です。

事前に知っているものが多いほど、脳の処理が早く楽になります。

たとえば、だれかがジョークで
「The beeris mightier than the sword.」
と言ったとします。

原典のフレーズさえ知っていれば、
「beer」 + 「The pen is mightier than the sword.」
という構造がすぐにわかるので、頭の中では部品2つ分を組み合わせるだけで情報を処理できます。

「ビール最強」
「お酒大好き」
「ケンカなんかしてないでビール飲もうぜ」
たぶん、こんな感じのニュアンスでしょう。

まとめ

語彙力を増やしましょう。
英語慣れしましょう。

知っているフレーズが増えると
「As many as」と聞こえてきた時点で、
「どうせ後ろには

  • 「you want」
  • 「you like」
  • 「you need」

みたいなのくるんだろう」
と心の準備ができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました